2018年4月8日日曜日

受付を英語にすると?カウンターでの英会話も

いくつか言い方がある英語の「受付」

受付

訪問先でアポイントメントを取っている人を呼び出してもらったり、何かわからないことがあったときに教えてもらうために利用する受付。ホテルや会社ではロビーを入ってすぐにあるので場所を聞くことはあまりないと思いますが、電話や口頭で伝えなければいけないことがありますよね。


ひとことで「受付」と言っても場面によっていくらか使う英単語も違ってきたりするので、なんとなくそれぞれの違いを覚えておきましょう。


簡単ですが受付のカウンターで出てきそうな英会話も紹介しておきます。必要そうなときにぜひご活用ください!







2018年3月23日金曜日

引っ越しを英語にすると?そのほか移転にまつわる英単語も

英語では簡単な単語になる「引っ越し」



一説では、家財一式を荷車などに乗せて「引き」、遠くまで「越して」行くことが引っ越しの語源であるとも言われていますが、それだけ家を変えるというのは昔から大変なことだったんですね。まあ、人生で90回以上も引っ越しをした葛飾北斎のような人もいたようですが…。


もちろん国が変わっても、定住民族にとってはやはり住む場所を移動させるというのはなかなかできるものではないでしょう。



今回はそんな引っ越しにまつわる英語を取り上げていきたいと思います!






2018年3月20日火曜日

ふりかけを英語にすると?一緒に味や素材の英語も覚えちゃおう!

"furikake"でもいいけれど……


さて、今回はちょっとおかずが物足りないな、というときにとっても助かる「ふりかけ」と、その材料や味を英語にしてみたいと思います。


他のサイトにも書かれているとは思いますが、日本独特の食べ物なので"furikake"でも確かに問題はありません。でも、寿司やてんぷらに比べるとこの固有名詞では「?」と思われてしまうことも少なくないかもしれません。


ということでちょっと説明口調の英語を紹介しましょう。



2017年10月4日水曜日

ネイティブの英語が聞こえるようになるリスニング教材「プライムイングリッシュ」とは?


リアルな英語を聞き取るにはリアルな英語をじっくり聞ける「プライムイングリッシュ」

こんにちはー、英語トレーナーのどばしです。


学校の英語やNHKの英語講座など、実は私たちは英語のリスニングにそれなりの時間をかけてきたはずです。


それなのに映画のセリフや洋楽のフレーズをするすると聞こえるようにはなっていません。



もちろんその原因というのは1つではなく、さまざまな要素が関係しています。

2017年10月2日月曜日

添削してもらって英語を伸ばす『HiNative Trek』


『HiNative Trek』でスマホやPCで毎日自分の英語をネイティブに添削してもらおう


仕事で使える英語を学びたい。英会話スクールに通うビジネスパーソンはきっとそんな思いからプライベートの時間を割いて教室に足を運ぶのでしょう。



しかし、理由はさまざまながらきちんと話せるようになるまで英会話スクールを続けるのはなかなか難しいものですよね。


それでも英語の習得にアウトプットが欠かせないのはやはり事実。学校や受験の英語を経験してきたあなたも痛感しているはずです。


無理なく続けられて英会話スクールやSkype英会話よりも気軽に学べる英語学習サービス、それが【 HiNative Trek 】 です。


2016年12月10日土曜日

歯科矯正を英語で言うと?歯医者に関する英単語や英会話

こんにちはー、トレーナーどばしです。



今回は歯科にまつわる英語を取り上げていきたいと思います。海外で歯が痛くなったときなどにご活用ください。



歯医者に関係する英語






2016年7月25日月曜日

契約を英語にする。とりあえず3つ覚えればOK!

こんにちはー、トレーナーどばしです。



今回はビジネスから日常、国際社会と幅広い場面で出てくる言葉「契約」にあたる英語を紹介したいと思います。日本語でもさまざまなシチュエーションで少しずつ違ったニュアンスを含んでいる言葉ですが、英語にもいろいろな「契約」があります。



「契約」にあたる英語のニュアンスをつかもう!








まずは「契約」と聞いてぱっと最初にイメージするのがやはりビジネスの場面での契約ではないでしょうか。ということでまずは「契約が取れた」という意味での英語を見てみましょう。




2016年2月21日日曜日

"conceive"の使い方をコロケーションで知ろう。基本は「できる」か「できない」か

こんにちはー、トレーナーどばしです。


今回は「思う」「心に抱く」「表現する」「想像する」などの意味の


"conceive"(発音:kən-SIIIv


という単語のコロケーションを紹介したいと思います。"image"に近い英単語ですが、想像力を使って具体的な形に構想をまとめるのが"conceive"です。











発音表記は当ブログオリジナルの「シラブル発音文」です。参考にどうぞ。









1.couldn't[KUdnt]


(助動)できなかった


couldn't conceive of...  …について思いつかなかった



☆うまく頭の中で考えをまとめることができなかったということです。








2016年2月8日月曜日

"need"のコロケーションを知ってそのイメージをつかもう

こんにちはー、トレーナーどばしです。


今回は「必要な」「必要とする」「~しなければならない」などの意味の

"need"(発音:NIIId

のコロケーションを見ていきます。とてもなじみがある英単語ですが、実際にはどんな単語と一緒に使われることが多いのでしょうか。より具体的なシーンを思い浮かべながら"need"を使えるようになるはずです。








発音表記は当ブログオリジナルの「シラブル発音文」です。参考にどうぞ。







1.urgent[əəər-jənt]


(形)緊急の、緊迫した


urgent need  緊急を要すること、急務


☆政治や経済の問題、あるいは医療の場面で使われます。






2016年2月7日日曜日

"endure"の使い方をコロケーションで知ろう。

こんにちはー、トレーナーどばしです。


今回は「耐える」「我慢する」「持ちこたえる」などの意味の


"endure"(発音:in-DYUər


という英単語の使い方をコロケーションで身につけていきましょう。困難や苦労、疲労、恥辱などに耐えたり辛抱するという動詞です。











発音表記は当ブログオリジナルの「シラブル発音文」です。参考にどうぞ。









1.must[MAst]


(助動)しなければならない


must endure  我慢しなければならない、辛抱しなければならない



☆どうしても耐えなければいけない状況です。選択肢はありません。








連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *